特集
カテゴリー
タグ
メディア

500円で誰かの役に立てる『ココナラ』で手に入る「いい買い物」

500円で誰かの役に立てる『ココナラ』で手に入る「いい買い物」

500円均一のウェブ上フリーマーケット」とは言い得て妙。『ココナラ』は、思わず商品を買ってしまう、そして自分も出品してみようかと思えるサービスです。

2012年7月にサービスを開始したココナラは、登録したユーザーが「自分のできること」を500円で販売できるサービス。オープン後3カ月弱でユーザー数は約8000を超えています。

ユーザー同士の幸せな関係が築かれている点が何よりも魅力的なサービスなのですが、商品の幅も実に多彩。 興味深いラインナップの数々を紹介します。■ココナラの基本的な使い方

「会員」といっても、ハードルは決して高くありません。メールアドレスを登録するか、もしくはFacebookアカウントでのログインが可能です。商品の購入における決済は、クレジットカードで行います。

出品されている商品を実際に受け取れるまでの期間は出品者が設定をし、実際の受け取りまではココナラ内に設けられたクローズドな「トークルーム」でやりとりすることができます。

ココナラの気になる商品

ユーザーの顔が見えるという点でココナラは安心できます。そして、だからこそ「体験談」ひとつとっても説得力が感じられます。

120925coconala05.jpg
外資経営コンサルへの転職体験談をお伝えします

120925coconala06.jpg
住宅ローンの早期完済を目指そう! 繰上返済のためのコツコツ蓄財・節約術

120925coconala07.jpg
SEOについて知りたい事があれば1問お答えします。

120925coconala04.jpg
【MBA留学】を考えているあなたへ、オックスフォードMBAについてできる範囲内でご相談にのります。

120925coconala03.jpg
理想の女の子を描きます

つくづく感じるのは、「500円」という価格の絶妙さです。決して高すぎないワンコイン。かといって、極端な安売りでもない。それゆえの適度な責任感が生まれているように思います。

9月24日現在、取り引きされている「商品」の総数は2000件超。500円という同一の値段で並ぶ商品の多彩さを見るだけでも楽しめます。

ココナラ

(年吉聡太)

swiper-button-prev
swiper-button-next