特集
カテゴリー
タグ
メディア

Macのマルチモニタ環境を格段に快適にする「アプリ合体ワザ」

  • カテゴリー:
  • TOOL
Macのマルチモニタ環境を格段に快適にする「アプリ合体ワザ」

こんにちは、傍島です。

近年、液晶モニタがグン!と安くなったので、マルチモニタでお使いの方も多いはずです。作業エリアが増えると、作業効率がグン!と上がるので、これに慣れるとなかなか戻ることができません。

私もそのクチですが、愛用しているMacの場合、マルチモニタになるとやっかいな話が出て来ます(...ここまで書けば、カンの良い方はお気づきかもしれません)。Macの場合は、メインモニタの上部にしかメニューバーが表示されないため、サブモニタ上のアプリを操作する場合は、メインとサブのモニタ間を往き来する必要があって面倒です。使い始めは、モニタが増えたことの喜びで、この面倒に気づきませんでしたが、時間が経ち使い込む程気になります。

私の場合、複数のアプリを組み合わせることで、快適な環境が構築できているのでご紹介します。私は、『SecondBar』と『MenuPop』を組み合わせて使っています。

SecoundBarは、サブモニターに第二のメニューバーを表示するアプリ。MenuPopは、ホットキーを押すとポインタの位置にポップアップでメニューバーを表示するアプリです。SecondBarは無償、MenuPopは450円の有償アプリです。その昔、無償の『DejaMenu』という、MenuPopと似たアプリがありましたが、開発が終了して配布されていないので、MenuPopを使っています。

SecondBarは、サブモニタにメニューバーを表示してくれるアプリです。

これを使えば、メニューコマンドを実行するためだけにメインモニタに移動して操作する必要がありません。これだけでも十分便利ですが、大型の液晶モニターだと画面上部のメニューまで、カーソルを移動するのが面倒に感じることがあります。ここで、MenuPopが登場すると言うワケです。

MenuPopは、ホットキーでカーソル位置にポップアップメニューを表示するので、画面上部までカーソルを移動することなく、メニューコマンドを実行できます。また、ポップアップメニューの中にAppleメニューを含むことも出来るので、システム関連のメニューのアクセスも楽になります。

どちらかひとつでも便利ですが、アプリを組み合わせることで、メニューバーからとポップアップメニューの二通りの使い方に対応でき、様々な利用シーンに対応することが出来ます。メニューバーの使い勝手に不満を感じたら、一度、お試し下さい。

最後になりましたが、MenuPopは、[システム環境設定]の[アクセシビリティ]にある「補助装置にアクセスできるようにする」をチェックする必要があるので注意して下さい。

SecondBar

MenuPop

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next