特集
カテゴリー
タグ
メディア

「つま先を曲げ伸ばしする」など、すぐに眠れるちょっとした3つのアイデア

寝付きが悪い人や、眠りたいのに眠れない時は、ただ寝るだけでも一苦労ということがあります。ライフハッカーではおなじみのYumi Sakugawaさんのインフォグラフィックから、「すぐに眠れるちょっと変わったアイデア」を3つご紹介しましょう。

  • 足の指を曲げたり伸ばしたりする

    足の指(つま先)に力を入れてグーッと数秒間曲げ、それから力を抜いて指を伸ばします。この動きを数回繰り返すと、心身共にリラックスできます。

  • 寝る前に決まった行動をする

    毎晩眠る前には決まった行動をすると、その行動をきっかけに心身共に「眠る」というプログラムがされたようになり、寝付きやすくなります。決まった音楽を聞くなど、リラックスできるものであれば構いません。ただし、その行動は寝る前にしかしないようにするのがポイントです。

  • お腹をさする

    おへそから始めて、時計回りに円を描いてさすりながら、徐々にその円が大きくなるようにします。その後で、反時計回りに徐々に円を小さくしながらさすります。これを何度か繰り返します。


眠る前に軽めの簡単なエクササイズをするのも、寝付きをよくしてくれます。他にも「部屋を真っ暗にして、何も音が聞こえないようにする」や、逆に「ホワイトノイズ(雨音など)を聞く」のも効果的だそう。以前に掲載した、雨音を延々流してくれる「Raining.fm」というサービスが使えそうです。他にも、変わったものとしては「チェリージュースを飲む」なんてものも、インフォグラフィックにはありました。

また、過去記事「夏の疲れがとれないなら、『グリシン』のサプリが効くかもしれません」で紹介したグリシンも、入眠に効果アリだとか。

眠れない夜に、思い出してみてください。

8 Weird Ways to Fall Asleep | Secrets from the Yumiverse

Adam Dachis(原文/訳:的野裕子)

Photo by Becky Wetherington.
swiper-button-prev
swiper-button-next