特集
カテゴリー
タグ
メディア

受信を一時停止できる拡張機能『Inbox Pause』であえてメールを見ない作戦

  • カテゴリー:
  • TOOL

Chrome:新着メールによって作業を邪魔されたり、集中力が途切れたりすることをできれば避けたいという方は「メールを一時停止する」という手法を使ってみてはいかがでしょうか?

Gmail用拡張機能『Inbox Pause』はその名の通り、メールの受信を一時停止状態にできます。ポーズボタンをクリックしておけば、受信箱に新着メールが反映されなくなります。

メールアカウントをバーチャルにでも凍結しておくと良さそうなケースは何通りも考えられます。例えば、休暇中に新着メール通知を見たくない、メールをついつい何度もチェックしてしまうクセを治したい、作業に没頭したいのに新着メールのお知らせによって集中力が途切れてしまう、大切な人とのディナーの最中に携帯電話に黙っていてほしい...など、事情は人それぞれかと思いますが、意外と便利に使えそうです。

拡張機能をインストールすると、画面に大きな青いポーズボタンが表示されます。それをクリックすると、新着メールは新規ラベル(「Inbox-Paused-2012-sep-10」などの名称となります)へ移動します。なので、重要なメールをどうしても今すぐ確認しなくてはならないという場合であれば、確認も可能です。また、自動返信を設定し、受信箱が一時停止状態にあることを送信者へ知らせることもできます

メールをチェックする勇気が芽生えた時に一時停止を解除すれば、その間に受信したメールは全て受信箱へと入ります。この便利な拡張機能は「Boomerang」メールスケジューラーの開発者たちによるもの。受信を一時停止したり、スケジュール設定をしたり、自分で積極的にコントロールすることで、メールに翻弄される人生にピリオドを打ってしまいたいところです。

Inbox Pause

Melanie Pinola(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next