特集
カテゴリー
タグ
メディア

階段上のちょっとしたスペースを仕事場に有効活用(仕事場探訪)

階段上のちょっとしたスペースを仕事場に有効活用(仕事場探訪)

家族に気兼ねなく好きなことに没頭できる、自分が落ち着いて作業ができる...そんなスペースはご自宅にありますか?

日本の住宅事情を鑑みると、現実的には広さの確保は難しいもの。しかし、特別な空間を用意しなくても、机が置けるスペースがあれば十分ではないでしょうか。大切なのは、普段の生活と一線を画す、自分にとって居心地の良い場所をつくるということ。

心持ち次第で実用的な「自分だけの空間」を、家の中につくることは不可能ではありません。

120915workspace2.jpg

直接は姿が見えないけれど、空間がつながっているから「気配」が感じられる。気配は感じるけれど、監視されているわけではない。記事冒頭の画像のように、階段の上に隠れ家的に存在するワークスペースは、そんな適度な距離感と落ち着きを生み出してくれます。

テラスハウスなどの長屋建住宅は、日当たりが悪いというイメージがあるかもしれませんが、実は採光も風通しもばっちり。インテリアを爽やかな白で統一し、開放的でオープンな階段にすることで、明るい空間に仕上がりました。視線がとまる作りつけの棚も魅力的です。

Carroll Gardens Abode | Houzz via Minimal Desks

Melanie Pinola(原文/抄訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next