特集
カテゴリー
タグ
メディア

この狭さが落ち着く...作り上げた神聖なる俺の城(仕事場探訪)

自宅のトイレが落ち着くという方、割といますよね。トイレに限らず、個室って狭いほうが案外落ち着きませんか?

米Lifehacker読者のポール・スタントンさんは、大胆な緑色の壁がアクセントになっているユーティリティ・ルーム(家事室)を仕事部屋として愛用中。閉所恐怖症の皆様には受け入れ難いかもしれませんが、壁に囲まれた狭い空間を「聖域」することで、重宝しているそうです。部屋に入ってしまえば、もうそこは別世界。日々の暮らしから隔絶された、自分だけの空間です。子どもが騒いでうるさくても、集中力が乱されたり、イライラしたりすることもありません。

効率よく仕事を進めるには、環境づくりも大切。PCモニター裏に配した間接照明は、雰囲気を高める一方で、陰影とともに空間に広がりを生んでくれます

嫌でも集中せざるを得ない状況に自分を追い込むだけではなく、「かゆいところに手が届く」この狭さを活かして、ポストイット感覚でメモや資料を壁に貼ってあるあたり、なにげなくも優れた適応力がキラリと光ります。デスクに居座ると、必然的に手の届く範囲にモノを置きたがってしまうのは人間の性でしょうか。でも確かに、さっと手に取ることができるので、効率アップには効果がありそうですよね。

ガラスのようにもろい集中力の方は、気が散る原因から離れて、一度おこもり状態になってみてはいかがでしょうか。

Submission from Paul Stanton | SimpleDesks

Melanie Pinola(原文/抄訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next