特集
カテゴリー
タグ
メディア

OS X Mountain Lionで「別名で保存」を取り戻す方法

OS X Mountain Lionで「別名で保存」を取り戻す方法

こんばんは、傍島です。

父が使っていたノートパソコンが壊れたので新調しました。MacではなくWindowsパソコンですが、自分が使うならばということでThinkPad Edgeを選択しました。Macと比較すると、少し雑な造りが気になりますが、下手な遊びが少ないのはMacと似ていて好印象です。

さて、OS X Mountain Lionで、ファイルの保存をしようとした時に「あれ?」と思ったことはないでしょうか? ファイルメニューから「別名で保存...」のコマンドが無くなり「複製」のコマンドに置き換わっているためです。

これは、OS X Lionから始まっている変化ですが、この「複製」コマンドを実行すると、同じ内容のウィンドウがもうひとつでき上がります。OS X Lionから、書類のバージョン管理機能が追加されたので、別名で保存は必要はないと判断したのかもしれません。しかし、他人にファイルを渡す時に、ファイル名を変えてから保存して渡したいということなどがあるので、使えなくなるのは不便です。

簡単な操作で「別名で保存...」を取り戻せるので、その方法をご紹介します。「別名で保存...」を取り戻す方法は簡単です。

まずは、ファイルメニューをクリックして、メニューがプルダウンした状態にします。

この状態で、optionキーを押したままにすると、メニューの「複製」コマンドが「別名で保存」に切り替わります。後は、これまでの使い方と同じです。いまさら、ご説明の必要はありませんが、「別名で保存...」を選択すると、保存ダイアログが表示されて、ファイル名を付けて保存できます。

optionキーを押した状態で、ファイルメニューをクリックすると、「別名で保存...」コマンドに切り替わってメニューが表示されるので、よく使う場合は、こちらの方法を使ってください。もしかすると、使えないアプリもあるかもしれませんが、OS X Mountain Lionに対応しているアプリであれば、「別名で保存」が使えるはずです。

これまでのAppleならば、新しい概念を持ち込んだ時は、これまでの古い習慣は切り捨てて来ました。ただ、最近はご紹介した方法のように残されていることも多くなりました(裏ワザ的ではありますが)。常に新しい、ベストな解答を追究するAppleのことが私は好きですが、古い概念にも配慮するようになったのは、大人になったAppleの余裕の現れなのかと思わせる事柄です。

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next