特集
カテゴリー
タグ
メディア

圧力鍋でしっとりパンが焼ける

ホームベーカリーを使わなくても、おいしいパンを作る方法はさまざま。米Lifehackerで以前紹介していたクロックポット(電気鍋)を使うよりも、圧力鍋を使うと短時間で、豊かな味わいが楽しめるとか。圧力鍋が、ゆで卵以外にもその実力を発揮してくれます。圧力系の調理器具を有効活用した料理サイト「Hip Pressure Cooking」のLauraさんによると、15分から20分足らずで出来上がるようです。

そろえなければいけない、特別な道具や材料も必要ありません。コーヒー缶または耐熱のガラス計量カップ、小麦粉、重曹、ヨーグルトなど、身近なところで手に入るものばかり。油を薄く塗った缶に生地を詰め、圧力をかけて蒸し上げるような方法です。

ただし、歯ごたえのあるバリバリ感が足りない感じは否めない、とのこと。表面のカリッとした食感が恋しい方は、トースターやグリルなどで少し焼きなおしてみてください。

詳細なレシピや作り方の手順は、以下のLauraさんのレクチャーを参考に。

Pressure Cooker Bread: Less energy, less time, REAL bread! | Hip Pressure Cooking

Melanie Pinola(原文/抄訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next