特集
カテゴリー
タグ
メディア

トウモロコシの粒を素早く余すことなく切り落とすテクニック

夏の終わりになると、今シーズン最後のトウモロコシが市場に出回ります。今回は、トウモロコシの粒を素早く安全に切り落とす方法がありましたので、ご紹介しましょう。

この方法は料理メディア「Saveur」に載っていたもので、ブントケーキを焼く時に使うケーキ型を使います。クグロフシフォンケーキの型でも構いません。記事冒頭のデモビデオを見てもらえればわかるように、トウモロコシの根元をケーキ型の中心の穴にセットして、包丁で上から粒を切り落としていくだけです。速くて簡単に切り落とせる上に、粒がすべて型の中に落ちてくれるので、取りこぼしもありません。

ビデオをよく見ていれば気づくと思いますが、途中で包丁の使い方を少し変えています。最初は普通に上から下に粒を切り落としていきます。次に、包丁の背を使って、粒の根元の部分を削ぎ落としていきます。これで余すところなくトウモロコシを切り落とすことができます。

ケーキ型を持っていない場合は、大きめのボウルでも代用できると思います。その場合は、切り落とす時にトウモロコシが滑って倒れないように気をつけましょう。包丁の使い方だけでも参考になると思います。今年最後のトウモロコシ、存分に味わってください。

How to Get Corn Off the Cob | Saveur

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next