特集
カテゴリー
タグ
メディア

スーパーのレジ近くに、ガムや雑誌が置いてある理由

ほとんどの人が、長蛇の列に並んでぐったり疲れたという経験があると思います。行列に並ぶのは疲れるだけでなく、イライラしたり、ストレスが溜まったりもします。米紙『ニューヨーク・タイムズ』に、なぜ人間は行列に並ぶのが嫌いなのか、行列に並ばなければならない時はどうすればいいのか、という記事がありました。

行列に並んでいたうちの36%の人は、自分が待っていた時間を実際よりも長く感じた、という研究結果もあります。なぜ、このような感覚のズレが起きてしまうのでしょう。ニューヨークタイムズでは「感覚のズレは期待をしている時によく起こる」と、書いています。

Photo by David Morris.
期待する気持ちが「行列をどのように感じるか」ということにかなり影響しています。いつまで待てばいいのかわからないという不確かさが、待つことに対するストレスをより増大させるのです。

また、行列に対する人間の記憶は、期待とのズレだけが関係しているのではありません。行列に対する感覚は、行列が解消された、その「最後の瞬間」で決まることがよくあります。行列が最後にサクサクと進んだときは、並んだこともいい記憶として残ります。しかし、行列が最後まで遅々として進まなかった時は、最悪な記憶になります。

行列に並んで待つことには、他の弊害もあります。人間は退屈な時に衝動買いをしやすくなるのです。スーパーなどのレジ前に、ガムやアメ、雑誌や新聞などが陳列してあるのはこのためです。

では、行列に並んでいる時には何をすればいいのでしょう? 実際には何もできないことがほとんどですが、ニューヨークタイムズにひとつだけアドバイスが載っていました。

待っている間の大部分を占める、イライラ、退屈などの感情は、人間が死ぬまで消えることのない感覚です。限りある楽しい時間を、無駄使いされるのを止めたいというのは誰しもの願いです。行列をなくすことはできませんが、待っている間の精神状態を少しでも理解すれば、日々の生活の中で起こるどうにもならない遅延にも、少しは耐えられるようになるでしょう。それでもどうしてもダメな場合は、本を持ち歩いてください

行列に並んでいる時にイライラしているのを感じたら、ニューヨークタイムズを読んでね、というようなアドバイスですが、理に適ってはいます。もし、ネットが使える環境ならば、ライフハッカーの記事でも読んで、少しでも楽しく待ち時間をお過ごしいただければ幸いです。

Why Waiting Is Torture | New York Times

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next