特集
カテゴリー
タグ
メディア

1秒間に最大30枚の連写ができる自称最速アプリ『Fast Burst Camera』

Android:Androidのカメラで連写をしたいなら『Fast Burst Camera』がオススメです。これは「Samsung Galaxy S III」や「HTC One X」などの機種に搭載されている「バースト撮影モード」とほぼ同じ機能を使うことができます。

カメラの性能にもよりますが、1秒間に最大30フレームまでの撮影が可能。子どものサッカーの試合を撮影して奇跡の一枚を探すもよし、飛んでいる鳥を収めた写真をあとでつなげてアニメーションを作るもよしです。広告入りの無料版と有償(285円・2012年8月21日現在)のプロ版の2バージョンがあります。プロ版ではオートフォーカスやズーム、シャッター音のミュート、露出補正などの機能を使うことができます。

Fast Burst Cameraは撮影した画像を一度メモリにキャッシュし、撮影終了後に、画像をギャラリーへ保存します。また、オプションがいくつか用意されており、解像度の選択(解像度が高ければ高いほど保存にかかる時間は長くなります)、画像のバッファに使用するメモリの選択などが可能です。

アプリの無料版を試してみたのですが、なかなかの好感触でした。もちろん、高性能なカメラで撮影した画像にはかないませんが、この価格を考えれば文句なし、といった感じです。

これ以外にも米Lifehackerお気に入りの『CameraZOOM FX』など、同様の機能を持ったアプリはありますが、連写機能を無料で使ってみたい、という方には、Fast Burst Cameraがピッタリでしょう。

Fast Burst Camera lite(無料版)

Fast Burst Camera(有料版)

Alan Henry (原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next