特集
カテゴリー
タグ
メディア

発信者のSNSへの最新投稿や現在地などを着信画面に表示する『Current Caller ID』

Android:『Current Caller ID』は電話がかかってきた際に、発信者に関するSNSのアップデートや、現在地の天気などの情報をダッシュボードにまとめてくれるという画期的なユーティリティ。電話に出れなかった場合、かけ直すのにベストな時間帯を、彼らのロケーションや前回の通話記録などに基づいて提案してくれます。

彼らの最近のツイート内容やFacebookへの投稿が表示される、というのはそれほど便利にも感じないかもしれませんが、Current Caller IDを開発した「White Pages」の方々のコメントを聞くと、うなずける面もあります。

例えば早朝に突然電話が鳴った場合、その電話の主が「今日引っ越しの予定がある」と、ツイートをしていたかを知っているか否かというのは、ある意味で人生の分かれ目かもしれません。
また、知らない番号から電話がかかってきた場合でも、その番号に関する情報でオープンになっているものが表示されるのは良いところ。出るべき電話なのかどうか、という判断材料になるのは確実です。

電話に出られなかった場合も、Current Caller IDは相手にとって最適なコミュニケーション方法を提示してくれます。電話をかけるのがベストなのか、メールやテキストがベターなのか、それらをするなら何時がいいのか、というように。

Current Caller IDは新登場のアプリ、Google Playから無料で入手可能です。みなさんはこのツール、必要だと思いますか?

Current Caller ID | Google Play

Alan Henry (原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next