特集
カテゴリー
タグ
メディア

Mountain Lionの音声入力に認識してほしい単語を効率良く登録する方法

  • カテゴリー:
  • TOOL

Mac:Moutain Lionがリリースされた頃に、新しく搭載された音声入力機能を上手に使いこなす方法(英文記事)を紹介しました。この機能、そのままでも割とちゃんと使えるのですが、自分が頻繁に使う単語を認識してくれない、という困った現象が起こる場合があります。

米Lifehacker読者のMDaemonによると、よく出る単語は連絡先に登録すると良いのだそうです。音声入力機能は連絡先をスキャンし、登録されている名前などを把握する、という特性を利用したものです。連絡先に登録されている単語ならば、すぐに理解できるわけです。あまり一般的ではない単語や会社名などは、認識されにくいためこの戦略がオススメ。

ただ、あまりにたくさん登録すると連絡先が単語だらけになってしまい、誰かにメールをしたり電話をかけたりする度に単語リストを目にしてしまうことに。音声入力用のグループを別途作成してまとめておくと良いかもしれません。

ちなみに、音声入力機能はデフォルトではオフになっています。「システム環境設定」>「音声入力と読み上げ」と進み、音声入力をオンにすれば使えます。テキスト入力エリアにカーソルを置いた状態で「Fn(ファンクション)」キーを2回押すと入力スタート、話し終えたらFnキーを1回押すと確定します。

Alan Henry (原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next