特集
カテゴリー
タグ
メディア

フィリップ・スタルクが手掛けた「機能美」スマホヘッドセット

タブロイド

フィリップ・スタルクが手掛けた「機能美」スマホヘッドセット

パロット社から発売されているBluetooth対応ヘッドセット「Zik(ズィク)」。見た目にもコンパクトさを追求したのではないことが分かりますが、音質を重視した結果生まれたデザインなのです。

デザインを手がけたのはフィリップ・スタルク。浅草にあるアサヒビールのオブジェを手掛けたことでも有名なインダストリアルデザイナーです。

スマートフォン情報を数多く扱う「TABROID」によると、ただのヘッドセットとの違いは、専用のアプリが用意されていることにあるのだといいます。

Zikは、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンから、音の広がりや音域ごとのボリューム調整、ノイズキャンセリング機能のON/OFFといった操作ができます。拡張スピーカーの向きをアプリ画面上で調節することで、音の広がりを調整することができるのだとか。

120817headphone02.jpg

TABROIDによると、その他にも多彩な機能を備えているようで、

・右耳のタッチパッドで、再生/停止/ボリューム調整/曲送りなどの操作ができる

・4つのマイクを使った強力なノイズキャンセリング

・通話用のマイクは+骨伝導マイクでクリアな会話が可能

と、使い勝手も非常によさそう。他人とは違うものを、という向きにぴったりなヘッドセットです。

なにこれ、ゴージャス... フィリップ・スタルクのスマホ対応ヘッドホン「Zik」は、専用アプリでも操作可能 | TABROID

(ライフハッカー[日本版]編集部)

swiper-button-prev
swiper-button-next