特集
カテゴリー
タグ
メディア

どんな向きでも使えるスプレーボトルが画期的すぎる

どんな向きでも使えるスプレーボトルが画期的すぎる

お風呂掃除やガーデニングなど、スプレーボトルを使うシーンは日々あるものです。しかしながら、中身が満タンのときはまだしも、減ってくるとボトルの角度を気にしながら使わなくてはならないという欠点があります。

どんな角度からでも使えるスプレーボトルがあればいいのに、と思ったことがある方は「Instructables」ユーザーのDIYHacksAndHowTosさんが考案したどんな向きでも使えるスプレーボトルを自作してみてください! コストもほとんどかからず、作り方もシンプルです。

120808spray_bottle.jpg

必要なのはスプレーボトルと、ゴムやシリコンなどの柔らかい材質でできたチューブ、ステンレスのナットが数個のみ。まず、スプレーボトルにもともとついている硬いチューブを短く切ります。それから柔らかいチューブをはめ込み、先端にステンレススチールナットを付けるだけです。

これでボトルを傾けた際に、チューブの先端が液体と同じ場所へ移動するようになるので、たとえボトルを上向きにして噴射しようと、ちゃんとスプレーチューブの先端は液体の中に浸かっているのです。ん? どういうこと? と、思った方は記事冒頭の動画をご覧ください。

仕事でスプレーボトルを日々使っている! という方であれば、このアイデアはかなり実用的ではないでしょうか。いっそ商品化してほしいところです。

How to Make a Spray Bottle That Works in any Direction/Position | Instructables

Thorin Klosowski(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next