特集
カテゴリー
タグ
メディア

OS X版『Tweetbot』が更新。カラムビュー、メニューバーアイコンなどを追加

  • カテゴリー:
  • TOOL

Macつい先日紹介したOS X用人気Twitterクライアント『Tweetbot』のアルファ版が大幅に更新されました。

Tweetbotの最大の特長は「トラックパッド・ジェスチャー」。ツイートを指でスワイプするだけで会話ビューを表示。様々なビューの切り替えアクションもあります。

今回のアップデートで、同じく人気Twitterクライアント『Tweetdeck』スタイルのカラムビューや、新しいメニューバーアイコンなどが新しく追加されています。

最も大きな変更点はカラムビュー。右下にある歯車アイコンをクリックすると新規ウィンドウが表示されます。ウィンドウ同士を並べ替えたい場合は、水平にウィンドウをドラッグさせればOK。カラムビューはメンション、ダイレクトメッセージ、他のアカウント用などを平行して確認したい際に便利です。

またメニューバーアイコンも新しくなりました。サクっとツイートしたい場合や直接メンションを開きたい場合、ここから操作ができます。他にもURL短縮機能やアップロードサービスの選択、Moutain Lionサポートの改良などの更新も。

Tweetbotはまだアルファ版ですが、ダウンロードは無料です。使ってみたい方は下記の開発者のサイトからどうぞ。

Tweetbot | Tapbots

Thorin Klosowski(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next