特集
カテゴリー
タグ
メディア

サイズ別にアイコン生成!Android開発者向けソフト(SimpleStyle第112回)

  • カテゴリー:
  • TOOL

Windows用:Androidケータイ、けっこう浸透してますよね。ワタシもAndroid用のソフトを開発しています。ところで開発をするときに、手作業が結構多いのが気になりました。どんなことであれ、手作業を定型化して楽をすれば、その分、考える時間を作り出せます。生産性や作業の質も向上します。これは仕事をする上でのベーシックな考え方です。

具体的には、Androidはかなり複数の解像度をもつので、それに合わせたアイコンファイルを作成する必要があります。そこで、この作業を定型化するソフトを開発しました

2012_0703_1651_52.jpg

「解像度に合わせたアイコンファイルを作成する必要」とは、例えば、

  • drawable-xhdpi\ic_launcher.pngに96×96ピクセル
  • drawable-hdpi\ic_launcher.pngに72×72ピクセル
  • drawable-mdpi\ic_launcher.pngに48×48ピクセル
  • drawable-ldpi\ic_launcher.pngに36×36ピクセル
という具合です。アプリケーションを作る度にフォルダを用意して、解像度を合わせてアイコンを作るのは、あまりにも非効率的でうんざりします。

■ともかく手軽に開発したい

もちろん、それぞれの解像度にあわせてよりよいデザインをするのは別のフェーズで必要ですが、そこそこのものをつくって試すだけなら、これはあんまりだ! というわけで、jpg/pngファイルをドラッグし、位置を調整し、適当な縮尺に設定するだけで、とりあえず簡易的にアイコンを作るソフト『androidIcons』を作りました。

2012_0703_1649_59.jpg

使ってみたところ、まあまあ悪くないと思うのですが、どうせならWindowsやMacintosh用のアイコンも同時に生成したくなったり(これまた解像度がばらばら)、角を丸くしたりする機能もほしくなりました。縁取りがあったりするのも悪くないですよね。

縮尺は30%と50%に決め打ちしましたが、もうちょっと柔軟でもよい感じです。いずれオートモードを作りましょう。

さらにさらに、Androidは解像度もさまざまで、背景にも解像度に合わせたファイルを用意する必要があります。そのあたりもターゲットにしつつ、近日作業していきたいと思います。

■ワンポイント

ご意見は、コメントやTwitter、はてなをご利用ください。『androidIcons』は、Windows用のツールです。

アイコンは『iconseeker.com』のAdilson V. Casulaさんによる Iconを使用しました。

androidIcons

(美崎薫)

swiper-button-prev
swiper-button-next