特集
カテゴリー
タグ
メディア

限りなく透明に近いデスクトップ〜究極のデスクトップを求めて

Flickrユーザーのjoergermeisterさんは自分だけのオリジナルデスクトップを作成したいと考えていました。そこで彼はそのオリジナル性を追求するべく、デスクトップを完全に透明化することを思いついたのです。壁紙まではさすがに透明にはなっていませんが、それ以外のウィンドウ、アラート、その他のユーティリティなどは全てシースルーとなっています。

アプリケーションウィンドウも、カスタマイズ可能なものは全てクリアに設定され、デスクトップが見えるようになっています。使用しているブラウザはChromeですが、静止画をChromeテーマに設定し、ぴったりに見える場所に配置されているのか、それともChromeも透明化されているのかについては定かではありませんが、ここまでの透明化は間違いなく評価に値するものではないでしょうか?

同じようなデスクトップを作成するには下記が必要です。


上記のツールたちを駆使すれば、設定のほとんどは再現可能なはずです。見栄えの統一性を保つためには透明化ができる全てのアプリケーションで、透明化オプションをオンにすることもお忘れなく(ウィンドウとその内容を透明化してデスクトップの壁紙を表示することが可能なアプリケーションは、さほど多くはないですが)。

いずれにしても彼が築き上げたこのエフェクトのオリジナリティには、ライフハッカーとしては惜しみない拍手を送りたいと思っております。同じようなオリジナルデスクトップを完成させるためには、作り方に関してもう少し説明が必要である、という方はjoergermeisterさんのFlickrページで彼に直接質問する、またはRainmeterガイドを参考にしてみてください。

このデスクトップに関して言うと、MacおよびLinuxユーザーで同じエフェクトを使用するのは難易度が高めです。Macユーザの方はGeekToolで同様の時計をデスクトップ上に設定できるかと思います(GeekToolガイドはこちら)。

Linuxユーザーの方でこれと同様のエフェクトを実現する方法をご存じの方は、ぜひ教えてください! 他にもビューティフルで、クリエイティブで、機能性に長けた自分のデスクトップを世界中の人と共有したい、という方は、スクリーンショットや作り方の解説へのリンクを添えて、ぜひコメントまで。

Pimp My Desktop Part 29 | Flickr

Alan Henry (原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next