特集
カテゴリー
タグ
メディア

ガジェットが充電できてパンもしまえる箱ってどうでしょう

食パンやお菓子が乾燥しないようにしまっておくためのブレッドボックス。パンケースやブレッドビンなど呼び方はさまざまですが、散らかりがちな台所をすっきり見せる昔ながらの収納道具です。アンティークな趣きに惹かれて買ったけれどあまり活用していない方、自分は西洋人ほどパンも食べないと気づいた方、昔使っていたらしきものが押入れから出てきた...とお悩みの方は、このアイデアでパン以外もしまってみてはいかがでしょう。

このDIYプロジェクトは、ブレッドボックスにもパンを隠す以外の機能性がある、ということを証明してくれました。お手持ちのガジェットにもれなくついてくる絡まりやすい配線ケーブルや、お世辞にも見た目が美しいとは言いがたい電源タップなどを隠してしまうのに、ブレッドボックスは実にちょうどいい大きさをしているのです!

ブレッドボックス・チャージステーションの作成方法はなかなかシンプル。ドリルを使って電源タップ用の穴を開け(コピー機を使うと失敗しにくいです)、ゴムのハトメを挿入。MDFボードを仕切りとして活用し、ケーブル用に7mmくらいの隙間を空けておきましょう。

過去にもブックエンドギフトボックスでチャージステーションを作成する方法を取り上げたことがありましたが、このアイデアはブレッドボックスに新たな存在意義を与えてくれるだけでなく、充電中の配線地獄の中にいるガジェットたちのあまり他人に見せたくない姿を、フタをしめるだけでいとも簡単に隠してくれるのです。なかなか良いアイデアではないでしょうか?

Home Office Storage on a Dime | Better Homes and Gardens via Apartment Therapy

Melanie Pinola(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next