特集
カテゴリー
タグ
メディア

韓国土産に、ご当地イヤホンジャックアクセサリはいかが?

こんばんは、傍島です。

先日韓国へ遊びに行きました。ソウルを代表する繁華街の明洞で、前回と同様に、お土産になるiPhoneケースがないものかと物色してきました(前回の記事「韓国土産は海苔よりもコレ『ジョブズのiPhone 4ケース』」)。

前回は、我らのグル「スティーブ・ジョブズ」のケースが数多く売られていましたが、今回は、グルの姿を見かけることはほとんどありませんでした。前回は、グルが旅立った後だったので「時の人」だったせいもありますが、この変わり身の早さはさすがです。よく見かけたのは、赤や緑のギンガムチェックの下地にりんごマークを付けたケースでした。間違いなくライセンスされていない商品ですし、それ自体面白みがなかったため、今回は別のアクセサリーを物色してきました。

今回買ってきたのは、iPhoneのイヤホンジャックに付けるアクセサリです。最近では光るものからキャラものまでさまざまなタイプの物が販売されているので、好みのものを付けている方もいると思います。

私が購入したのは、韓国のお金とお酒が付いたものです。お金の方は50000ウォン札で金の豚までが付いているので、金運がアップしそうな感じです。もう1つのお酒の方は、韓国焼酎の「眞露」と韓国ではメジャービールの「Cass」です。これは瓶だけではなくコップまで付いている凝りよう。iPhone専用というワケではないので、ほかのスマートフォンでも使えるはずです。

価格はいずれも1900ウォン(約130円)程度です。相当な数を買い込んでも財布に響くようなこともありませんし、観光地で売られているご当地グッズのお土産と同じ感じでプレゼントするのには面白いかもしれません。

夏休みに韓国旅行を計画されている方がいましたら、明洞の雑貨屋や露店で売られていますのでチェックしてください。

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next