特集
カテゴリー
タグ
メディア

オフィス向けの決定版? ボタンを押せばすぐに会話ができるチャットアプリ

Windows & OS X:ビデオチャットのハードルをなんとなく高くしている要因は、「いつも接続していてすぐに話せる」というほどシンプルではないということ。接続がうまくいかない場合も多々あり、チャットのステータスが半永久的に離席中になっているユーザーも多いので、話したくても繋がらないことが往々にしてあるわけです。

QuicklyChat』はこれらの問題をシンプルな「プッシュトークプロセス」を採用することによって解決しようとするアプリです。

QuicklyChatはボタンを押せばすぐに会話を始めることができます。ユーザーは自分の状況を緑(通話可)、黄色(重要案件の場合のみ通話可)、赤(最重要案件、急用の場合のみ通話可)のいずれかを設定して、相手に通知することができます。

すぐに画面の向こう側に自分の姿が見えてしまうわけなので、一見あまり感心できるコンセプトではないようにも思えます。ですが、このアプリは在宅で働いたり休んだりしている人向けに開発されたものではなく、オフィスで使用されることを念頭に置いて作られたアプリです。何か確認したいので一瞬だけ話したいけれど、オフィスの端や違う階まではるばる歩いて行くのは気が進まない、というシーンを想定しています。その相手の名前をクリックすれば、すぐに顔を見て会話が開始できるのはなかなか便利そうです(状況によっては実際に会いにいく方が良い場合も多々ありますが)。

QuicklyChatはベータ版ということもあり、まだ荒削りなソフトです。例えば、今後は色の通知だけでなく、緑の場合はプッシュ通話が可能、黄色の場合は承認制、赤の場合はリクエスト不可、という具合に設定できればさらに便利かもしれません。この場合、確かにスピーディーさはかなり下がりますが、アプリを終了されてしまう(そしてめったに起動されない)ことを考えると現実的なようにも思えます。

しかし、ベータ版というその不完全さを考慮に入れても、正しい状況で使用できればなかなかクールなアプリではないでしょうか? 繰り返しますが、このアプリは家のパソコンにインストールするべき類いのアプリではありません。家のパソコンにインストールして、突然覗き見されても責任はとれません。お取り扱いには充分にご注意ください!

Quickly Chat(Beta)

Adam Dachis(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next