特集
カテゴリー
タグ
メディア

Skypeのバグ対策に...代替となるチャットアプリ3選

米Lifehackerによると、Skypeでやり取りしたメッセージが意図しない相手に送信されてしまうバグが発生しているようです(該当記事)。影響を受けたSkypeのバージョンは以下の通り(Skypeの声明文より引用)。

・Skype 5.9 and 5.10 for Windows

・Skype 5.8 for Mac

・Skype 4.0 for Linux

・Skype 1.2 for Windows Phone

・Skype 2.8 for Android

・Skype 4.0 for iOS

このバグを修正するアップデートは数日かかるとみられます。そのため、もしこのバグが心配であるなら、しばらくの間は別のチャットアプリを使用するのが良いかもしれません。

ライフハッカーでは、さまざまなチャットアプリを紹介してきました。ここでは、Skypeの代替となるチャットアプリを紹介していきます。

Facebook

120717facebook.jpg

まずはお馴染みのSNSから。Facebookのチャット機能は、Skypeに引けを取らないくらい便利です。数人を招待してチャットルームも作ることもできます。それほど重くないデータであれば、ファイル添付も可能。


Googleトーク

120717googletalk.jpg

こちらはGoogleが提供しているチャットアプリ。Googleアカウントを持っていれば参加できます。アプリのダウンロードが不要なのが便利です。Googleページを開いていなくてもGoogleチャットを見ることのできる「Chat for Google」という拡張機能もあります。ただ、相手もGmailアカウントを持っていることが必要です。


「TorChat」

120717torchat.jpg

こちらは米Lifehackerにて紹介されていたアプリ。暗号化された匿名チャットが可能なインスタントメッセンジャー・クライアントです。機密情報をチャットでやりとりすることはあまりないかもしれませんが、ファイル共有もできるので、試しに利用してみるのも良いかもしれません。


(安齋慎平)

swiper-button-prev
swiper-button-next