特集
カテゴリー
タグ
メディア

Finderでカット&ペースト機能を使いたい人の強い味方になるアプリ

  • カテゴリー:
  • TOOL

Snow Leopardのみなさんにオススメのアプリです。いまだにFinderでフォルダとファイルのカット&ペーストができないMacでも、『Cut with Drag & Drop』を使えば、最初にコピーをしなくても簡単にファイルを移動させることができますよ。

通常は、移動元と移動先のフォルダをどちらも開いてからファイルをドラッグしていたかもしれません。しかしこのCut with Drag & Dropがあれば、より簡単にファイルを移動させることができます。

これを使えば、移動元のフォルダを開いて、ファイルをDockにあるCut with Drag & Dropのアイコンにドラッグするだけでカットができます。それから移動先のフォルダを開いてCut with Drag & Dropのアイコンからドラッグすれば、先ほどカットしたファイルがペーストされます。

「Command+X」を押すだけとはいきませんが(それが使いたい人は有料アプリの『moveAddict』を使えばできます)、Cut with Drag & DropはFinderでウィンドウを複数開きたくない場合などに手軽に使えます。

なお、OS X Lionではカット&ペーストに相当する機能がビルトインされました。「Command+C」を押してファイルをコピーして、「Coomand+Option+V」でペーストすればOKです。

Cut with Drag & DropはOS X対応。85円(2012年6月30日現在)でMac App Storeからダウンロードできます。

Cut with Drag & Drop | Mac App Store

Whitson Gordon(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next