特集
カテゴリー
タグ
メディア

「フッ素入り歯磨き粉」を歯に直接塗り込めば虫歯予防になる?

「歯のために一日数回の歯磨きが必要」というのは誰もがが知っていることです。ですが、スウェーデンのヨーテボリ大学(University of Gothenburg)の歯科医たちによる研究では、歯磨きを1回減らす代わりに、歯磨き粉を歯と歯茎に直接つけて指でマッサージする方法を提案しています。これにより、歯磨き粉の中のフッ化物の効果で、午後いっぱい歯の健康を守ることができ、虫歯予防に効果があるそうです

Image by Jonathan LaRocca.

ブログ「Acta Odontologica Scandinavica」に発表された研究によると、このマッサージで重要なのはフッ素入り歯磨き粉(フッ素の割合が多いもの)を使うこと。そうすれば、フッ素入りでない歯磨き粉に比べて4倍の虫歯防止効果があるそうです。またフッ素入り歯磨き粉で前歯をマッサージすると、昼食後の歯磨きと同じ程度かそれ以上に衝撃的に気持ち良いらしいです。

しかし、これは何も朝晩の歯磨きをやめようという提案ではありません。朝晩の歯磨きは一日の歯の健康を守るために重要。この歯のマッサージは、特に昼食後など忙しくて歯磨きができない人や、職場や学校、外出先で歯磨きをするのが苦手な人に、歯の健康のためにやってほしい習慣です

みなさんは昼食後の歯磨きをしていますか? それとも朝晩だけですか?

Brushing Teeth: New 'Massage Method' Quadruples Protection Against Tooth Decay, Study Suggests | Science Daily

Alan Henry(原文/訳:曽我美穂)

swiper-button-prev
swiper-button-next