特集
カテゴリー
タグ
メディア

マジシャンに聞く、腕時計泥棒の手口とその対策

高価なものやお気に入りのものをしているとき、誰かに自分の腕時計を盗まれるのではないかと心配になることはありませんか? マジシャンのAlex Stoneさんが、泥棒が使うのものとほぼ同じ手口をウォールストリートジャーナルで公開していました。

なんでも、盗みやすい腕時計はベルトを見れば簡単に分かるらしいです。

Photo remixed from Jon Rawlinson.

結論から言うと、もっとも盗みやすいのは巻き込み式のタイプだそう。腕時計のベルトをうまく外すには、かなり複雑な手順が必要です(文末URLのネタ元に図解入りで載っています)。しかしそれさえできれば、あとは腕時計を本人の気づかないうちに盗めるそう。

Rossさんは、さらに以下のように注意をしていました。

スリとマジシャンが使うのは同じ手口です。相手の気をそらしている間に、瞬間的にすばやく盗むのです。マジシャンならコインの瞬間移動マジックを装い、あなたの手首を掴んで、時計から意識をそらせます。

スリは本当に困ったものです。スリや泥棒がいそうな場所にいる時は、ほかの人に気を取られないようにすることが重要です。特に、意識や注意が「握手する手」や「大量の人ごみ」、「自分の名前を呼ぶ声」などに向いている時は、体がぶつかった後で財布をすられているかもしれませんよ。ぜひお気をつけください。

Stealing a Watch, Made Easy | Wall Street Journal

Thorin Klosowski(原文/抄訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next