特集
カテゴリー
タグ
メディア

Wi-Fiルーターを見映えよく隠すには、「ブックカバー」を使うと良い

一般的にルーターというものは、ライトが一日中ピコピコしていて落ち着かない存在です。見ていてうっとりしてしまうようなきれいなものではありませんよね。自分の部屋を美しく保つためにルーターを隠してしまいたいと思っている方なら、ブックカバーを使ってカモフラージュしてしまうという手はいかがでしょう。

やり方は簡単。もう読まないであろうハードカバーの本から、カバーだけを拝借し、ルーターに被せるだけですこちらのリンク先では、DIYの方法を写真とともに紹介しています。本のカバーがルーターのサイズとぴったりだとオーバーヒートしてしまう可能性もあるので、ルーターよりもふたまわりくらい大きいサイズのカバーを使用するのがオススメです。アンテナが背後に見える以外は、ルーターを隠すことができます。

もちろん、ルーターもごくまれに問題が起き、ライトがちゃんと点灯しているかどうかを確認しなくてはならない場面もあるので、あまりにも上手に隠しすぎるとそれはそれで考え物です。ただ、ルーター関連の問題をすべて解決した後で(英文記事)、通信がブロックされない場所であれば、基本的にどこへ配置しても問題ありません。

カバーに使うのは、本以外のものでももちろんOK。古いラジオの中に隠す(英文記事)、という手もありますよ。

Re-Style Your Wireless Internet Router | Anumu via Apartment Therapy

Whitson Gordon(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next