特集
カテゴリー
タグ
メディア

ユーザの視聴傾向を学習し、カスタムミックスを作成! 自動タグ付けもしてくれるiOS用アプリ

iOS:Appleの『Genius』はユーザーのレーティングに基づいて好きそうな曲をセレクトしてくれますが、『Groove』はその作業をも自動化してくれる音楽プレーヤー。好きな音楽を聴くだけで、アプリがその後の作業をやってくれます。聴いている音楽の傾向を読み取り、それに基づくカスタムプレイリストを作成、パーソナルDJの役割を果たしてくれます。曲の自動タグ付け、アルバムアートをダウンロードといった機能も。

Grooveはライブラリから1曲選択するだけで、その曲に基づき1タップでプレイリストを作成。これはほかのアプリでもできそうなことですが、このアプリの最大の特徴はプレイリストのクオリティが良いということ。実際にアプリをテストしたところ、最近聴いた曲やライブラリの奥深くに埋もれていた曲のマッチアップに驚かされます。またプレイリストを作成するたびに異なるトラックを配合してくれるサプライズプレイリストの作成も可能です。

ライブラリの整理ができていない場合でもGrooveを使って自動タグ付けが可能なので曲の整理ができますし検索も楽々。また「Last.fm」のデータを使ってアルバムアートやアーティストバイオ、タグをダウンロードして曲の再生中にLast.fmへのスクロブルも行えます。

iPhoneまたはiPad用に賢いジュークボックスアプリが欲しい、と思っている方はぜひGrooveを試してみてください! 見映えも素敵なGrooveはiTunes App Storeで170円で発売中です。

Groove 2 | iTunes App Store via Groove Music Player

Alan Henry(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next