特集
カテゴリー
タグ
メディア

ウェブ上の住所欄に地図リンクボタンを表示してくれるChrome拡張機能

  • カテゴリー:
  • TOOL

こんばんは、傍島です。この記事を書いているのは、AppleのWWDC開幕前の週末です。皆んなソワソワしながら待っているのは理解できますが、よくもまぁ、さまざまなうわさ話やリーク情報が出てくるものだなあと関心しています。と言いつつも、気になって見てしまうのですが(笑)

さて、仕事などではじめての場所へ訪問する際には、訪問先のウェブページで住所を確認して、Googleマップで周辺を確認したり路線検索サイトで乗換手順を確認したりすると思います。周辺を確認する場合は、住所をコピペしてGoogleマップの検索窓から探すか、もしくは単に住所をGoogle検索すれば結果のトップにGoogleマップが表示されるはずです。

でも、こんなことをしなくても、ウェブサイトにある住所にリンクが付いて、クリックするとGoogleマップが開くようになると便利なのに...と考えたことはないでしょうか? こんな望みを実現してくれるGoogle Chromeの拡張があるので、ご紹介します。

続きは、以下で。

ご紹介するのは、『PopMap』と言う名前のGoogle Chrome拡張機能です。この拡張機能は、ウェブページで住所の記述を見つけると、その最後に地図アイコンを表示します。この地図アイコンをクリックすると、周辺の地図がポップアップで表示されるので、わざわざ住所をコピーしてからGoogleマップにアクセスして検索しなくても、簡単に周辺地図が確認できるようになるというわけです。

120610_popmap02.jpg

表示される地図には、「周辺の写真を表示」、「周辺の天気予報の表示」、「渋滞状況を表示」、「現在位置を表示」といった機能があります。ドラッグで地図をスクロールしたり、ダブルクリックでズームしたりと、Googleマップと同じように操作できます。

どうして標準機能として搭載されていないのだろう?と思えるほど便利な機能です。今回ご紹介したのはChrome拡張機能ですが、スマートフォンのブラウザで似たような機能があれば便利なのに...と思います。

PopMapは無料です。あまり使うことがなくても邪魔になる拡張ではないので、インストールしてみては?

PopMap

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next