特集
カテゴリー
タグ
メディア

「インターネットでアホの相手をすることは時間の無駄」という教訓(動画あり)

Nicole Sullivanさんの仕事は、インターネットをもっと良いものにすることです。Sullivanさんの一日は、インターネット上で人々と双方向コミュニケーションをすることに費やされています。彼女はインターネットと現実社会で毎日多くの人々と接しているうちに、ある重大な気付きがありました。荒らしの分類、荒らしに対するネット上で有効なコミュニケーション方法など、荒らしについての気付きです。

この記事のタイトルにも一部使っていますが、彼女は以下のことに気付きました。

アホの相手ばかりしていると、人生はすぐにアホでいっぱいになってしまう。

この言葉は、「荒らしは放置してください」を若干大げさに言い直したようなものです。しかし、記事冒頭のビデオのSullivanさんが話しているアドバイスの中には、これまであなたが考えたことがないようなものもあるかもしれません。

例えば、荒らしと直接対応する時に、「優しく、柔らかく、言葉を選んで意見すると、揉めごとになりにくい」と言っています。その結果、オンライン上ではレアな状態である「有意義な関係」を築くことができます。また、荒らしではない人に注意を払うように意識的に努力したり、荒らしの対応をしたりしている時も、人間味のある部分にだけ反応するように勧めています

冒頭のSullivanさんのビデオは約12分ありますが(英語のみ)、FacebookやTwitter、何かにコメントするような、インターネット上で双方向のコミュニケーションをすることが多い人は一見の価値ありです。

Don't Feed the Trolls | Stubbornella

Adam Pash(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next