特集
カテゴリー
タグ
メディア

DropboxやEvernoteなどの複数のサービスを一つのフィードにまとめてくれる便利ツール

ライフハッカーでは生産性を高める方法をこれまでも数多く紹介してきました。しかし、複数のウェブアプリやストレージアプリを開いた状態で順番にチェックするのに時間が掛かっていたら、どう考えても本末転倒。そんな時に使えるのが、今回紹介する「Hojoki」。たくさんの生産性向上ツールを連携させ、アップデートやコード変更、新規ファイル、コメントなどを1つのフィードにまとめてくれます。このツールを使えば、情報を1か所でチェックできるようになりますよ。

HojokiはDropboxやGoogle Apps、Google Drive、CloudApp、Evernoteなどの生産性向上ツールをサポートしているだけでなく、「Github」や「Basecamp」、「Beanstalk」などの開発者用ツールにも対応。しかもそれだけではないんです。一人で作業している場合でもチームで作業している場合でも、Hojokiはコード変更やドキュメント変更、ほかのメンバーによる更新などをひとまとめにしてくれます。編集したいファイルにたどり着くためにタブをたくさん開いておく必要はありません。

Hojokiは昨年オープンベータとしてローンチされ、最近になってようやくAndroid版iOS版のアプリが登場。ベータ版がオープンの間は無料で使え、携帯版も無料でダウンロードできます。ベータが終了するとおそらく有償版に引き継がれるはずですが、これまでの流れから考えるとHojokiはフリープランも同時に用意してくれるのではないかと思います。

増えすぎてしまったウェブアプリやサービスをみなさんはどうやってまとめていますか? また、それらを管理するために何かツールをお使いでしょうか? それとも多くのタブを眺めながら作業していますか? ぜひコメント欄もしくはライフハッカー[日本版]Facebookページで教えてください。

Hojoki | via Android Police

Alan Henry(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next