特集
カテゴリー
タグ
メディア

Facebook/Twitter/Google+/Tumblrなど40以上のソーシャルボタンをキーボードに作る「Social-Key」

Windows:こんばんは。キーボードが大好き、enthumble(アンサンブル)です。

ネットで読んでいる記事をTwitterやFacebookなどにシェアしたいというあなた。サイト側が用意したソーシャルボタンを頑張って探していませんか? そして、自分が使いたいボタンが無かったことはありませんか?

ということで今回は、好きなソーシャルボタンをキーボードに作る方法をご紹介します。

一昔前のキーボードには、メールやブラウザ起動ボタンがありました。同じように、現代のキーボードには、ソーシャルボタンがあると便利ですよね。

そこで、ソーシャルボタンをキーボードに作る方法をフリーソフト『enthumble』上で実現しました。Social-Keyと名付けたこの機能は、超カンタン仕様なのでPC初心者にもオススメです。

本ソフトを起動するだけで、「ScrLk(スクロールロック)キー」がFacebookのいいね(Like)ボタンになります。また、「Pauseキー」がTwitter投稿ボタンになります。「PrintScreenキー」や「Insertキー」にも、ソーシャルボタンを設定できます。

120524socialkeySS.jpg

ほかのソーシャルサービスであるEvernote/Tumblr/Hatena/LinkedInをはじめ、ちょっとマイナーサービスまで、40以上のソーシャルサービスに対応しています。

もちろん、これらの機能はブラウザ上でのみ動作します。ですので、普段は「PrintScreenキー」などを使う方もご安心ください。ちなみに、Social-Keyを試用した友人によると思い立ったらすぐにでシェア操作ができるのは嬉しい、とのこと。

Social-Keyはフリーソフトenthumbleの機能のひとつで、Windows上のChrome/Firefox/Opera/Safari/IEで動作します。無料ですぐに試せますので、是非お試しください。

Social-Key

enthumble

swiper-button-prev
swiper-button-next