特集
カテゴリー
タグ
メディア

「良い人」で終わらないために...一歩踏み込む5つのコツ

「良い人」で終わらないために...一歩踏み込む5つのコツ

こんにちは。恋愛スタイリストの石田明です。

あの人良い人なんだけど、恋愛対象じゃないんだよね」と思われていませんか? 同性からも異性から見ても良い人なのに、何故かモテない人っていますよね。

実はそれにはちゃんとした理由があるのです。しっかりと受け止めて、そこから一歩踏み込んで恋愛につなげましょう。

Photo by Thinkstock/Getty Images.

■良い人で終わる人とは

  1. 優しすぎる。
  2. いざという時に頼りにならない。
  3. 誰に対しても同じ対応をする。


になってしまっているのです。これでは異性もコミュニケーションにメリハリが無く、飽きてしまいます。

■まずは人それぞれに違う対応を

いきなりすべてを改善するのは難しいので、まずは少しでも良いので人によって対応を変えてみましょう。気になる人には特に優しく接してみるとか、簡単なことで良いです。

そうすると「◯◯くん、最近△△にだけ優しくない?」と、その相手とその友達のあいだで話題になります。そうやって自分の存在を意識してもらうことが大切です。

■合わせすぎは禁物

次に、異性にはなんでも合わせすぎるのは良くありません。遊びにいく場所や食事の場所。相手に合わせすぎていませんか?

これも先ほどと同じでメリハリがないので危険です。相手はあなたの趣味や考えを知りたくても、合わせてばかり来られると興味も無くなってしまいます。「合わせるだけはただの友達」と心にしまっておきましょう。

■意見は極力変えない

何かを決める時、自分の意見を変えないことも大事です。他人に流されてコロコロと自分の意見を変えていると、流されやすい優柔不断な人となってしまいます。

頑固になりすぎない程度に自分の意見は主張しましょう。

■近寄りすぎない

相手と仲良くなろうとするあまり、距離を縮めすぎていませんか?

女性にとって男性は、「仲が良い=恋愛対象」ではありません。むしろ逆効果のことも多いのです。すごく仲の良い異性に、「実は〇〇くんのこと、気になるんだよね」と、自分ではない人の相談を受けることになるかもしれないので注意が必要です。

女性にはメリハリが大事。距離が近いと思ったら、時には離れて見てみたりすると相手もいつもと違う視点であなたを見れるので新鮮ですよ。

良い人から恋愛に変化させるのは、日常からできるちょっとしたコツなのです。すぐに実践できるので、ぜひ参考にしてみてください。

(石田明)

swiper-button-prev
swiper-button-next