特集
カテゴリー
タグ
メディア

全米記憶力チャンピオン直伝!イメージ化&ストーリー仕立ての記憶術

結論からいうと、何かを思い出すために大事なことは「覚えやすくする」ということ。名前・数・抽象的な言葉などを、気持ち悪かったり面白かったりするような、笑えるイメージに落とし込むのです。記事冒頭のビデオでは、全米記憶力チャンピオンのNelson Dellis氏が、ランダムな言葉の一覧を例に使い、その記憶術を実演してくれています。

その記憶力チャンピオンは、言葉に絵やイメージを与えて、それをつなげてストーリー仕立てにして覚えるというテクニックを使っています。誰にでもできる記憶術ではないかもしれませんし、これで効果が出ないかもしれません(ちなみに筆者は今年、チャンピオンのNelson氏と一緒に記憶力のトレーニングをし、この方法が効果ありだと実証済み)。しかし、何か忘れたくないものがある人は、それを絵やイメージにしてストーリーを作ってみてはいかがでしょうか。

このほか、記憶力アップのための過去記事「2つ以上の新しい情報を学習する時は、20分以上の休憩を挟んだ方が効果的!」や「ウォーキングは記憶力を良くする!?」なども併せてどうぞ。

Upgrade Your Memory with Nelson Dellis | YouTube

Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next