特集
カテゴリー
タグ
メディア

頻繁にメールチェックするのをやめると、ストレスが減って生産性も上がるという研究結果

カリフォルニア大学アーバイン校の最近の研究で、会社員を対象にどんなソフトを使っているときに心拍数が変化しているかをモニターしたものがあります。一体どんな結果が出たか分かりますか? 頻繁にメールをチェックする人は、かなりのストレスを受けていました。また、その習慣をやめると仕事により集中でき、生産性も上がり、ストレスが減るという結果が出たのです。

Photo remixed from David Castillo Dominici(Shutterstock).

メールを他の人より2倍のペースでチェックしている人の心拍数は、「かなり興奮した」状態で一定していました。そのような人を5日間メールから離れさせたところ、より自然な心拍数への変化が見られました。

同校情報科学科のGloria Mark教授は「社会人の生活からメールを無くすと、マルチタスクが減り、ストレスも減るということが分かりました」と言っています。

ここでのポイントは、頻繁にメールをチェックする習慣のある人はかなり重症だということです。研究者は「メーラーにログインする時間を管理し、新着メッセージ数をバッジ表示する、メールをチェックせずに済ますなど、何か他の方法を使った方がいい」と指摘しています。米LHでも、以前「新着メールのプッシュ通知をやめて(英文)、バッジ表示にした方がいい(英文)」とすすめています。

そもそも、そんなに頻繁にメールをチェックして、一体何を待っているというのでしょう? 一分一秒を争うようなメールがどれくらいあるのか、冷静になって考えてみてはいかがでしょうか。

Email 'vacations' decrease stress, increase concentration | UCI Today via NYT

Adam Pash(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next