特集
カテゴリー
タグ
メディア

点在するスタートアップフォルダ情報をまとめて表示する『checkStartup』(SimpleStyle第103回)

  • カテゴリー:
  • TOOL
点在するスタートアップフォルダ情報をまとめて表示する『checkStartup』(SimpleStyle第103回)
■「スタートアップ」フォルダ

Windowsを起動すると、自動で動き始めるソフト群...。この大半は「スタートアップ」フォルダにあるショートカットから起動したものです

では、スタートアップフォルダを見れば自動で起動したファイルをすべて確認できるかというと、ぜんぜんそんなことはありません。

スタートアップフォルダひとつとっても、ユーザーごとに作られていたり、デフォルトユーザー用に用意されていたり、管理者用のフォルダがあって、どこのスタートに登録されているのか探し出すのはけっこう手間です。Windows XPとWindows 7ではスタートアップフォルダの位置が異なっていたりもします。

■「msconfig」

しかもそれだけではありません。インストールしたアプリケーションによっては、スタートアップフォルダにショートカットを保存するのではなく、システム設定ファイルに登録していたりします。こうなると、msconfigという設定ツールを使わないと変更できません。いや、エディタでiniファイルを変更するというのもアリですが、それも難儀ですよね。

ばらばらなものを整理する、これこそまさにライフハックのファーストステップ。

というわけで、スタートアップを一望する『checkStartup』です。

■ワンポイント

起動したら、スタートアップフォルダとmsconfigを開きます。それだけのシンプルな単機能ソフトです。

checkStartupはWindows用のツールです。

アイコンは「iconseeker.com」のRuSoftwareさんによる『Check』を使用しました。

ご意見は、コメントやTwitter、はてなをご利用ください。

checkStartup

(美崎薫)

swiper-button-prev
swiper-button-next