特集
カテゴリー
タグ
メディア

春の大掃除! 使っていないFacebookアプリはチェックして削除しましょう

春の大掃除! 使っていないFacebookアプリはチェックして削除しましょう

春は心機一転何かを始める季節ですから、その前に身のまわりを片付けたり大掃除したりする人も多いでしょう。家の中からパソコンの中までキレイにしたいものはたくさんあると思いますが、Facebookのアプリ認証も、思い切ってキレイにしてみてはいかがでしょうか?

Facebookのアカウントで認証しているアプリをすべて確認してみると、本当に使っているアプリだけでなく「数年前に一度使っただけのアプリ」や「忘れてしまっていたアプリ」もあるはずです。Facebookで認証しているアプリをチェックするのは簡単ですよ。

  1. Facebookの自分のページを開き、右上のドロップダウンメニューから「プライバシー設定」を選びます。
  2. 開いたページを下にスクロールして「アプリとウェブサイト > 設定を編集」と進みます。
  3. 「利用しているアプリ」の「設定を編集」をクリックするとアプリの設定が開きます。
  4. 長い間使っていないアプリは名前の右にある「×」をクリックすると削除されます。もしくは「編集」をクリックすると、何ができるのか、どのようなデータを取っているのかなど、Facebookアカウントに対してアプリに許可している範囲がわかります。アプリとアカウントの関係性を把握してから判断したい場合は、ここをチェックしましょう。


自分のアカウントに関するアプリの削除や更新が終わったら、戻って「他のユーザーが利用しているアプリとの情報の共有」の「設定を編集」をクリックし、友だちがアプリを使っている時に見られたくない情報があればチェックを外しましょう。ライフハッカー的にはここのチェックはすべて外すことをオススメします。結局、ソーシャルリーダーアプリを使っていれば、読んだり見たり接続したサイトがすべて自動的にタイムラインに反映されることはありません。

認証しているFacebookアプリのチェックは、誰もがやろうとは思わないでしょう。「Facebookでゲームしてないし」とか「アプリの認証した覚えはない」と言う人もいるでしょうが、Facebookにログインしていてもほとんど使っていないWebサービスがまだあるかもしれません。ほんの数分の作業ですから、個人情報を守るためにも一度チェックするのをオススメします。

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next