特集
カテゴリー
タグ
メディア

本を通じてつながるシェアライブラリー「co-ba library」

本を通じてつながるシェアライブラリー「co-ba library」

読みたい本を見つける手段として、これまでは「本屋さんで買う」か、「図書館で借りるか」が主な選択肢でしたが、今回ご紹介する「co-ba library」は、人を通じた新たな本との出会いを提案してくれるシェアライブラリーです

co-ba libraryは渋谷にあるコワーキングスペース「co-ba」の上のフロアに5月7日にオープンします。利用者一人ひとりに自分のスペースが割り当てられ、そこに自分が読み終わった本を置いていきます

楽しみ方はいろいろ。いろんな人の本棚を覗いて新たな発見をしたり、気になってたけど買おうか迷ってた本を手にして読んでみたり。本棚の枠には所有者の名前やTwitterアカウントなどの連絡先を書いたプレートが貼られているので、ほかの人の本棚を眺めて読みたい本があれば、所有者とコンタクトをとって借りることもできます。自分の興味のあるジャンルの本を置いている人と接触して、情報交換をしてみるのも面白いかもしれません。

120428co-balibrary2.jpg

「co-ba library」は3つの部屋からできており、入ってすぐの明るい白の部屋は「魅せる」部屋。出版サイクルの早い「雑誌」が並べられ、「今」を知ることができます。中央の部屋は「作る」部屋となっており、利用者の手によって並べられた本で、ここにしかないデータベースを構築します。一番奥の黒い部屋は「考える」部屋。co-baオーナーによってセレクトされた本が置かれるとともに、瞑想に耽るスペースが用意されています。

120428co-balibrary3.jpg

「co-ba library」の利用時間は10:00-19:00。利用するには月額契約のco-ba会員になる他、「co-ba library」専用会員プランや1day drop inで利用できるビジタープランを利用する方法があります。限定30名の先行予約を受け付けているそうなので、興味のある方は一度サイトをご覧になってみてはいかがでしょうか。

co-ba library

(野本纏花)

swiper-button-prev
swiper-button-next