特集
カテゴリー
タグ
メディア

独り言を言いながら物を探すと早く見つかるという研究結果

あまりにも独り言が多いと、ちょっと頭がイッちゃってる人っぽくてひんしゅくを買います(?)が、実験心理学の季刊誌『the Quarterly Journal of Experimental Psychology』に載っていた最近の研究によると、独り言を言うと、黙っているよりも早く、忘れたり隠れたりしている物に気付きやすいのだそうです。

Photo by atomicjeep.

被験者が物を見つけるという実験を、2つ別々に行い、1つのグループは探している間ずっと黙ったままで、もう1つのグループは独り言を言い続けるようにしました。どちらの実験でも、独り言を言わない人よりも、独り言を言っていた人の方が、早く物を見つけたそうです。

この説では、何かをずっとしゃべっていると、知覚のプロセスが変わるとのことです。例えば、ピーナツバターを探しているのであれば、「ピーナツバター」という言葉を何度も繰り返し言うことで、一時的に視覚システムが「ピーナツバター探知機」のようになるのだとか。

今度、「携帯、携帯、携帯...」と独り言を言いながら携帯電話を探している時に誰かに笑われたとしても、そんなのは無視してそのまま探し続けてましょう。たぶん、その方が早く見つかりますよ。

Self-directed speech affects visual search performance | The Quarterly Journal of Experimental Psychology via Science Daily

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next