特集
カテゴリー
タグ
メディア

仕事場探訪:カネがなくても知恵がある! 手頃に賢く模様替え

仕事場探訪:カネがなくても知恵がある! 手頃に賢く模様替え

お金をかけたからといって、よい部屋になるとは限りません。小さな(お金をかけない)取り組みを積み重ねることで、結果として大化けする可能性は十分あるのです。元祖カリスマ主婦、マーサ・スチュワートさんの名を冠したライフスタイル雑誌「Martha Stewart Living」のエディター、Anthony Santelli氏による「美」フォーアフター術はその好例といえるでしょう。

キッチンの一角に仕事スペースを設けているスタイリスト、Scott Horne氏は、Santelli氏のおかげで悩みが解決し、アップグレードに成功したそうです。冒頭の比較画像で一目瞭然、見た目も使い勝手もユーザーフレンドリーになりましたとさ。溶け込むような統一感を大切にして作業されただけあって、いかにも後から付け足しました的な不自然さもなく、キッチンとコーナースペースとの一体感を感じさせてくれます。

アクセントカラーを取り入れたり、作り付け家具にちょっと手を加えたり、光沢があるIKEAのキャビネットにマッチするアクリル天板を導入したり、ローラーシェードを付けて棚の目隠しに利用したり、デスク回りなどのこまごました小物はアクリルケースですっきり収納したり、ベルクロテープ(マジックテープ、面ファスナ)でコード類を整理したり...。どれもこれもマネできそうな身近なアイデアばかりです

こちらのページで棚の整理に使用されている取っ手付きストッカーは、100円ショップでも似たような商品がありますよね。また雑誌や新聞はアコーディオンのようなマガジンラックを使えば、ディスプレイしながら収納できますし、読みたいときはすぐ手に取ることもできます。

このような「工夫とアイデア」が画像と共に紹介されているので、詳しくは以下のネタ元をチェックしてみてください。エリアごとにビフォーアフターのこだわりや商品の購入先などが紹介されています。

Before and After: A Transformed Desk Area | Matha Stewart via Apartment Therapy Tech

Adam Dachis(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next