特集
カテゴリー
タグ
メディア

プロジェクターは大画面テレビの置き換えになるか?

プロジェクターは大画面テレビの置き換えになるか?

近年「テレビ離れ」が言われて久しいです。僕自身も例外ではなく、テレビを見る時間はすごく減りました。

テレビの見方が変わったというか、昔のようになんとなくつけるという習慣はほぼなくなり、何か目的の番組がある場合につけるだけ、というのがほとんどになりました。スマホ専用の「NOTTV」も始まりましたが、家の中心にどーんと置かれた、大きな画面をみんなで見るというイメージが少しずつ薄れていることは確かです。

そこでご提案。この際テレビじゃなくて、プロジェクターを使うのはいかがでしょう?

プロジェクターでも、数千円のデジタルチューナーがあれば問題なく番組を視聴できますし、DVD鑑賞やゲームなど、テレビでできることは一通りできてしまいます。そんなわけで、僕の家には現在大きなテレビはなく、小型の卓上テレビとプロジェクターがあるのみです。

テレビじゃなくプロジェクターにするメリットは、

  • 画面が大きく自由に配置できる
    たとえば方向を変えるだけで気軽に投影場所を作れたり、セッティングも自由自在。
  • 場所をとらない
    どんなに薄型のテレビでもそれなりの場所をとってしまいます。その点プロジェクターはたいていのものが小型のビデオデッキ程度のサイズなので、非常に便利です。
  • 雰囲気演出も抜群
    ゲームもDVDも必然的に部屋が暗くなる分、なんとなく集中力が増したり、エキサイティングな空間を演出できたりします。


デメリットは、

  • スピーカーが別に必要になる
    逆にいえば自分で好きなのを用意できる、とも言えるかな...。
  • 暗くする必要があるため、シチュエーションによっては適さない
    たとえば食事中にテレビ番組を見たりする場合、手元が見えなくて、おいしく食べられないですよね。
  • ランニングコストが大きい
    家庭用プロジェクターがおよそ250W~500Wくらいなのに対して、ソニー「BRAVIA」の50インチクラスが150Wですから、電気代はそれなりにかかってします。また、数年に一回交換するランプ代も考慮に入れる必要があります。
  • 起動が遅い
    立ち上がって、電源を入れて、接続を確認して、起動する...という手順が少々めんどくさい。


というわけでデメリットもそれなりに目立ちますが、映画を見るときの雰囲気などにはなかなか貴重なものがあります。完全にテレビをなくしてしまうのは難しいかもしれませんが、何インチもある大きなテレビを買うのなら、「プロジェクター+小さいテレビ」という、場所をとらない組み合わせを試してみるのも悪くないでしょう。

僕はViewSonic製のPJ358という2000ルーメンの出力を持つ、少々マイナーな機種を使っていますが、10畳程度の部屋にはこれで十分です。今は各メーカーから3~7万円くらいで大型テレビよりもぐっと安くて、使える家庭用プロジェクタがたくさん出ています。テレビの代わりにプロジェクターという選択、これはオススメです。

ライフハッカー[日本版]編集委員・早川大地)

swiper-button-prev
swiper-button-next