特集
カテゴリー
タグ
メディア

首の動きを認識してPDFのページをめくれるハンドフリーアプリ『MagicReader』

  • カテゴリー:
  • TOOL

iPad:iPadを購入する時には、そこかしこをタッチしまくって便利に使ってやるぞ! とという気持ちだったかと思いますが、美しい画面に指紋の跡が付きまくる状態がどうも気に入らない瞬間がある...というもの事実でしょう。タブレットは紛れもなくタッチされるようにデザインされているのですが、ポテトチップスを食べた後の手ではあまり触れたくないものです。『MagicReader』は、PDFを読む際にスクリーンに触れなくても、首を動かすだけでページがめくれるという画期的なツール。ハンズフリーで読書が楽しめます。

MagicReaderの使い方は簡単。首を左右に振ると次のページ、前のページへと画面を移動できます。設定を変更すれば、ページの移動を逆にすることも可能です。顔を認識するまでに一秒くらいかかりますが、実際に読書をしている場合であれば、このくらいの時差は気にならないレベルかと。顔認識が終了すると、上部のバーに青い星が表示されます。この青い星が表示されれば、首の動きでページをめくることが可能です。

首の動きでページがめくれるのは確かに画期的ですが、実際にやってみるとそんなに快適! というものでもありません。誤認識でページがめくれてしまうこともあるでしょう。しかも、AppleはiPadを顔で操作可能にする拡張機能を許可していないので、MagicReaderアプリの使用が必須となります。普段からMagicReaderのみを使っている人であれば問題はないかと思いますが、手が汚れている時だけMagicReaderを使いたいといった場合、準備をするのに手間がかかります。

とはいえ、MagicReaderがクールで革新的なフリーアプリであることは間違いないので、気になった方はぜひ試してみてください!

MagicReader(無料) | iTunes App Store via Addictive Tips

Adam Dachis(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next