特集
カテゴリー
タグ
メディア

無料アプリのバッテリー消費量のうち最大で75%が広告に使われている

マイクロソフトの調査員が、AndroidとWindows Phoneの様々なアプリのバッテリー消費量をテストしたところ(iPhoneは制約があり、できませんでした)、無料や広告付きアプリのバッテリー消費のうち、最大で75%が広告に使用されていることが分かりました。

例えば、人気のゲームアプリ『Angry Birds』では以下のような割合でバッテリーが消費されているそうです。

Angry Birdsの場合は、実際にゲームをするのに使われているエネルギー消費量全体のうち、20%だけが広告に使われていたという調査結果が出ています。

残りのうち、45%は位置情報を知るのに使われており、その情報はターゲティング広告に使われています

広告付きの無料アプリと、広告なしの有料アプリのどちらをダウンロードしようか迷った時、バッテリーを長持ちさせたい人は多少の金額なら有料アプリをダウンロードするといいかもしれませんね。昔から言われている教訓ですが、タダより高いものはないということです。

Free mobile apps drain battery faster | BBC

Adam Pash(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next