特集
カテゴリー
タグ
メディア

iPhoneのカメラのレンズに水を1滴垂らすだけの虫眼鏡エフェクト

iPhoneに使える賢いハックはたくさんありますが、「Scientific American」によると、iPhoneのカメラのレンズに水を1滴垂らすと、虫眼鏡を覗いたかのような面白いエフェクトのかかった写真が撮れるそうです。

方法は簡単。iPhoneのレンズに水を1滴垂らすだけです。レンズ以外のところにかからないように、慎重にレンズだけに水を落としましょう。レンズに落とされた水が、虫眼鏡のような効果をもたらします。Scientific Americanでは、さらに以下のように説明していました。

  • 水滴が丸く大きいほど拡大効果も大きくなり、水滴が蒸発するなどして小さくなると拡大効果も小さくなります。
  • 液体のレンズなので、細かく揺れ動いたり、ちょっとしたことで振動します。iPhoneは安定した場所に置き、できるだけレンズがクリアになるようにしましょう。


2番目の注意はかなり重要です。iPhoneを手に持った状態で、動かさずに固定して写真を撮ることはほぼ不可能でしょう。

このハックはiPhone向けに書かれていますが、それ以外のほとんどの携帯でも使えると思います。ただし、水滴を垂らす時は、慎重に行った方がいいです。以下のリンク先には、水滴の虫眼鏡エフェクトで撮った写真のサンプルがあるので、試す前にどんな風に写るのかが知りたい方はチェックしてみてください。

Transform Your iPhone Into a Microscope:Just Add Water | Scientific American

Thorin Klosowski(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next