特集
カテゴリー
タグ
メディア

周りがザワついているくらいの方がクリエイティブな仕事ははかどる!?

本を読んだり、仕事をするために近くのカフェに行くことがあると思います。最近の研究によると、環境ノイズや公共の場での人の話し声などは、創造力を刺激するそうです。

Photo by Kevin Harber

カフェなどの公共の場で作業を行うと、ほとんどの人は生産性が上がり、より集中することができるのだとか。消費者リサーチの専門誌(英文)に、300人以上を対象にいくつかの実験をした、新しい研究が載っていました。この研究によると、環境ノイズ(ざわざわとしたカフェで耳にするレベルの70デシベル)を聞いている人は、言葉に関するテストの成績が良く、答えの内容も他の被験者に比べてクリエイティブだったそうです。

「Wall Street Journal」には、その研究について以下のように載っていました。

読み難いフォントを使うなど、少し障害となるようなことをいくつか織り交ぜると、より難しい仕事に集中しようと意識するようになり、さらに創造力のレベルも上がりました

(中略)

静寂と騒音の中間がちょうどいいようです

静かな方が集中できるような気はしますが、物音一つしないような状況ではかえって集中できないものです。仕事に行き詰まった時は少しザワついているカフェに行って、リフレッシュしながら集中してみてはいかがでしょうか。

A Creative Buzz | The Wall Street Journal via GigaOM

Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next