特集
カテゴリー
タグ
メディア

Mac OS Xでスペルミスした時に素早く修正できるキーボードショートカット

Mac OS Xでスペルミスした時に素早く修正できるキーボードショートカット

Macのシステムでスペルチェックをするのは、なかなか面倒くさいです。マウスで単語をクリックして単語を選択するという作業をしなくてはなりません。そこで、「Macworld」にキーボードだけでスペルミスの修正作業を行う方法が採り上げられていたので、今回はそちらをご紹介。

この技は『TextEdit』や『Mail』など、Appleのビルトインスペルチェックシステムを使用するすべてのプログラムで使用可能です。この機能を使うにはオプションを有効にする必要があるので、メニューバーの編集から「スペルと文法」を選択し、「入力中にスペルチェック」、「スペルと一緒に文法をチェック」がオンになっていることを確認します。オンになっていない場合はここでオンにしましょう。

これで、スペルミスをしてしまった場合にスペースバーを押して左矢印を押すと、正しい単語の候補がドロップダウンで表示され、矢印キーを使って正しい単語を選べます。この方法だとキーボードから手を離す必要がなく、マウスに触れる必要がありません。

すべてのアプリで機能するわけではありませんが、ビルトインのスペルチェッカーを使用するプログラムで英語を入力をする際には、きっと強い味方になってくれるはずです。

Correct spelling from the keyboard | Macworld

Thorin Klosowski(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next