特集
カテゴリー
タグ
メディア

あらかじめ氷を水洗いしておけば炭酸飲料の泡が立ちにくくなる!?

氷を入れたグラスに炭酸飲料を注ぐと大量の泡が吹き出してしまい、いったん注ぐのを止め、泡が収まるまでしばし待つことに...。そんな経験はありませんか? これが、ほんのひと手間をかけるだけで、泡の出が少なくなって注ぎやすくなります

Photo by Thinkstock/Getty Images.

「詳しい理屈は知りません、だって本当にそうなんだもん」と言う、米Lifehacker読者のrks1157さんが教えてくれた小技は以下です。

氷をサッと軽く水洗いして、表面を湿らせてからグラスに入れ、炭酸飲料を投入してみてください。これで泡々にならず、注ぎやすくなります。泡が落ち着くまで待たなくても大丈夫です。

氷は多孔質なので、表面がデコボコ(凸凹)しています。一説によると、それが泡立つ原因になっているとのこと。つまり、水にぬらすことで「ざらつき」という障害物がなくなり、氷の表面がなめらかになって刺激が減るため、泡が生じにくくなるようです。

炭酸の泡が溢れてあたふたすることの多い方は、是非試してみてください。

Use Wet Ice Cubes to Prevent Soda from Fizzing Over | #tips

Whitson Gordon(原文/訳:kiki)

swiper-button-prev
swiper-button-next