特集
カテゴリー
タグ
メディア

3月1日からGoogleがWeb検索履歴を他のサービスと統合するようにポリシーを変更します

Googleは先日、プライバシーポリシーを統合するという発表を行いました。これにより、Googleが集めたすべてのサービスの個人データは、3月1日から共有されることになります。つまり、Webサイト検索やサイト訪問の情報が、「Google 」や「YouTube」のような他のサービスの情報と統合されるということです。そこで「Electronic Frontier Foundation」は、データの統合をさせないためにGoogleの検索履歴を削除し、記録させるのを停止するように勧めています。

検索履歴をオフにすることは、Googleの設定の中でも重要なものの一つです。ご存知のように、Googleに個人的な検索結果(健康、位置情報、趣味・興味、宗教などなど...)を記録してほしくない場合は、この設定が大事になってきます。このタイミングで、Web検索履歴が一時停止になっているかどうか、きちんとチェックしておきましょう。

まず、Googleにログインしていない場合はログインします。それからhttps://google.com/history」へ行き、「ウェブ履歴をすべて削除する」のボタンをクリックして、OKします。これで、「再開」ボタンをクリックしない限りは検索履歴の記録は一時停止されます。

How to Remove Your Google Search History Before Google's New Privacy Policy Takes Effect | Electronic Frontier Foundation

Melanie Pinola(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next