特集
カテゴリー
タグ
メディア

好きな曲を共有したり、知らない音楽に出会えるシンプルな音楽共有サービス「This Is My Jam」

音楽共有サービス「This Is My Jam」は、ここしばらくプライベートベータとなっていたのですが、つい先日全てのユーザへ向けてその扉が開かれました。このウェブサービスのコンセプトはシンプルです。This Is My Jamに登録し、大好きな曲や頭の中でエンドレスループしている曲を選んで自分のジャムとして設定しましょう。あとは、自分のジャムを友達と共有したり、他のユーザのジャムを再生したり、コメントを残したり、フォローしたりすれば、新しい人たちと交流しながらまだ聞いたことのない曲と巡り会えます

ジャムは好きなタイミングで変更できますが、少なくとも7日ごとに一曲は選択する必要があります(7日間で期限切れ)。他人の聞いている音楽のテイストを見て、気に入った人がいればフォローすることも可能です。

TwitterやFacebookアカウントで登録した場合、友達ですでに使っている人がいるかどうかも確認できます。使っていない人を招待することも可能です。新しいジャムを選択する時には、その曲をTwitterやFacebookに投稿するかどうか選択でき、投稿した場合には、プロフィールにもリンクが投稿され、そのリンクから曲を再生することもできます。

This Is My Jamでは、「YouTube」や「The Echo Next」からオーディオトラック、音楽動画を引っ張ってくるので、探している曲が見つからない...ということはそれほどありませんが、一番良いものを選ぶのがちょっと難しかったりします。いずれにせよ、好きな音楽を簡単に見つけたり共有でき、しかも、共有したい曲を所有していなくてもアップロードしなくていいのはなかなか便利。今のところ広告などの表示がないのも良いですね。

This Is My Jam

Alan Henry(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next