特集
カテゴリー
タグ
メディア

「冷凍して、表面を焦がし、火を通す」という3ステップのステーキ調理法

「冷凍して、表面を焦がし、火を通す」という3ステップのステーキ調理法

ライフハッカーでは、肉の焼き方について過去にもご紹介してきましたが、こちらではいったん凍らせ、表面を焦がし、火を通すというアプローチを紹介します。

フード系ブログ「Kitchen Konfidence」では、米紙「ニューヨーク・タイムズ」の記事(英文)を紹介。手順としては、

  1. まずは1時間、肉を冷凍し、塩こしょうで味つけ。
  2. フライパンでサラダ油を熱し、ここに肉を入れて表面を焦がします。肉は凍っているので、焼きすぎる心配はないそうです。
  3. 低温のオーブンで1時間ほど、じっくり焼けばできあがり


このほか、本格派向けのステーキ調理術としては、ライフハッカーアーカイブ記事「プロの味が家庭でも出せるという『真空調理法』で極上のステーキを焼いてみる」もあわせてどうぞ。

Frozen Seared Steak | Kitchen Konfidence via The Kitchn

Melanie Pinola(原文/訳:松岡由希子)

swiper-button-prev
swiper-button-next