特集
カテゴリー
タグ
メディア

セロテープで指輪のサイズが測れる便利なリングサイズチャート

セロテープで指輪のサイズが測れる便利なリングサイズチャート

いわゆるジュエリーブランドのお店の値段や売り方があまり好きじゃない...という人はいると思います。そういった人が、オンラインでジュエリー職人の作るハンドクラフトの素敵な指輪を買おうとすると、自分の指輪のサイズを知らないことが多いので、買う前に調べなければなりません。特に男性の場合、彼女に指輪をプレゼントしたいけどサイズがわからない...ということもありますよね。

そういう時は、指に巻いたセロテープを「Blue Nile」のリングサイズチャート(英文)に照らしあわせれば、簡単に指輪のサイズを調べることが可能です

Google のユーザWayneさんが、指輪を持っていなくてもこのチャートを使って指輪のサイズがわかったと教えてくれました。

まず、セロテープの貼りつかない方を指に巻き付けます(そうすると、サイズを測ってセロテープをくっつけた後で取れやすいです)。指の節が太い人は、その部分までテープをズラしてからテープをくっつけて輪を閉じます。大きさが拡大したりしないように気を付けつつ、先ほどのサイズチャートを印刷します。セロテープの輪をサイズチャートに重ねれば、指輪のサイズがわかるというわけです。Wayneさんは、指輪を持っていなかったので、かわりにセロテープを使ったとのこと。

セロテープは長さが変わりやすいので、この方法は完ぺきではありませんし、正しいサイズを測れるわけではありませんが、ジュエリーショップに行って店員さんとやりとりする煩わしさからは解放されます。オンラインショップの安価な指輪や、作家の一点もののハンドメイドの指輪がほしい場合は、この方法でサイズを測って買ってみてはいかがでしょうか。サイズが微妙にあわなかった場合は、あとで調整してもいいと思います。

なお、サプライズで指輪を誰かにプレゼントする時は、セロテープで指のサイズを測るという不審な行動の上手ないいわけを考えてから行動に移しましょうね。

I Lost My Nice Wedding Band A Few Months Ago and Finally... | Google

Alan Henry(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next